パッチテストってよく言われるけど凄い大切なんですね

自己処理で脱毛をすると、どうしてもカミソリ負けとかで肌が荒れたりしますよね。

それが嫌でサロン脱毛にしたという人もいるくらいなので、肌がめっちゃ弱い人にとっては自己処理って結構リスクが高いのかなと私自身思ったりしていました。

そうしたら先日、メンズ脱毛の専門家が質問に答える形で「サロン脱毛後に肌が腫れることはあるか?」という質問に答えている動画を観る機会がありました。

まず私個人としては、「脱毛で肌が腫れることがあるか?」という質問が実際にあるんだということにちょっと驚きました。

サロン脱毛の場合でも、肌状態というのはそれぞれ個人差があるので、施術後に肌がちょっとカサカサするという人がいたり、毛穴が鳥肌みたいにブツブツした感じがするという人がいるということは聞いたことがあるので、「サロン脱毛でもちょっとは荒れるんだな」という認識はありましたが、「腫れる」なんていうことは全く考えたことがなかったんです。

でも、そういうことを心配する人もいるですね。

実際翌日に仕事や学校があれば、肌が腫れていたら行くのは確かにちょっと難しそうですよね。

本当のところはどうなんでしょうか。

専門家の人の話によると、フラッシュ脱毛の場合は腫れるということはほとんどないそうです。

ただし、赤くなるということはあるんだそう。

赤くなる理由は、フラッシュ脱毛というのは熱を肌に当てているのと同じなので、どうしても肌に熱がこもってしまうんだそうです。

また赤味が気になるのは施術当日から翌日までというのが一般的で、そんなに気にするような感じではないみたいです。

でも「絶対に腫れない」と言い切るのは難しいようです。

リスクはやっぱりあるってことなんですよね。

でも、だからこそ、それを確認するために大切なのがパッチテストだと言っていました。

脱毛クリームなどで自己処理する際にもパッチテストはやった方が良いって言いますが、サロン脱毛でもパッチテストはすべきなんですね。

勉強になりました。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ